自由の女神像

あの自由の女神像を観光!

自由の女神、見たことがありますか?
日本人ってあまり、自由の女神を知っているようで知らない人が多いんですよね。
PAK85_lalamaittawai20140321-thumb-815xauto-16935
私昔は、自由の女神像が白色だと思っていました!
日本に住んでいる時は、地涌の女神像に登れるなんて思っても見ませんでした。

一時期登れない時もありましたが、自由の女神は王冠部分まで登って観光することができるようになりましたよ!
今回は、自由の女神を観光してきたんです!

自由の女神は英語で「Statue of liberty」と言います。
日本語では自由の女神像と言うものの、英語での名前を知らない方は多いでしょう。
実は私も今習っている英会話の先生から教えてもらいました!
ネイティブの先生がたくさんいてアメリカの文化とかマナーとか、このブログになりそうなネタも教えてくれるんです♪
ちなみにココです→オンライン英会話レッスン│産経オンライン英会話

チケットを購入して島に上陸。
まさか自由の女神像に登れる日が来るとは思ってもみませんでした!
いっぱいあるニューヨークの観光名所でも、自由の女神は、外せませんよね!
神々しさがはんぱじゃないです!

観光スケジュール

自由の女神像を見に行くには、島へ上陸しなければいけません。
もし観光へ行くなら、フェリーのスケジュールを確認しておきましょう!

夏と冬、平日週末でスケジュールが微妙に異なります。
現在では、朝9時から夕方3時半まであいていて、30分おきにフェリーが出ています。

週末には、25分おきにフェリーが出ています。
フェリーに乗ったら、まずは素晴らしい景色を堪能しましょう。
右手先端へ行くと、一番良いロケーションを眺めることができます!

服装に関してですが、冬場はかなり寒いですよ!
海の上に浮かんでいる小さな島ですから、体温調整しやすい重ね着で行くことをおすすめします。

自由の女神像観光にかかるお金

自由の女神像を観光するには、お金がかかりますよ!
当日券での入場は時間がかかってしまうので、予め用意しておくことをおすすめします。
YUKI_kodomookane15144623-thumb-815xauto-18876
フェリーやリバティー島観光のチケットは、大人ひとり25ドルです!
女神台座部分までの入場も同じ金額ですが、女神王冠部分までの入場は更に3ドル高くなります。

料金には、フェリーや入場チケットが含まれていません。
バッテリーパークまでの交通費や、現地での飲食も別です。

また、アメリカでは「チップ制度」が一般的です。
料金の20%程度はチップとして見積もっておきましょう。