ランチタイム♪

ザ!アメリカ料理!

アメリカの料理っていえば、何を想像しますか?
ハンバーガー、またはホットドッグでしょうか。
他にもアメリカ料理はたくさんありますが・・・
DB88_debumenu15133912-thumb-autox600-15875
アメリカの料理の特徴は、アメリカという国がいかに多民族かどうかを反映していると思います。
つまり、各国の移民の文化が、独自の発展を遂げています。

ハンバーガーの起源って実はアジアにあるんですよ。
アジアでは、タタールという騎馬民族からドイツに、そしてタルタルステーキが伝えられて、アメリカに移住したドイツ人がアレンジして「ハンブルク風ステーキ」と呼ぶようになりました。
これが、後にハンバーガーとなったのです。

20世紀の初期頃には、丸いパンと組み合わさって今のハンバーガーの原型が出来上がっています。
ハンバーグそのものは英語でパティやソールズベリー・ステーキ、ハンバーガーステーキとも呼ばれています。

アメリカにはハンバーガーで有名なお店がたくさんあります。
中でも有名なレストランのハンバーガー。
驚くことにカロリーが1個1900キロカロリーもあるそうです!

日本人の平均基礎代謝は男性でも2500くらいですよね。
だとしたら、もはやランチにハンバーガーを食べたら、朝と夕で600キロカロリーくらいに抑えないとカロリーオーバーになっちゃいます。

私は、アメリカに来てからというものかなりカロリーを気にするようになりました。
というのも、1つ1つの料理が絶対にカロリーが高いからです!

日本のファミリーレストランって、メニューにそれぞれカロリーが書いてあったりしますよね。
アメリカにはそんな表記、一切ありませんよ。

聞いたら答えてくれるところもありますし、しっかりカロリーが書かれているところもありますが、やっぱり日本人は健康志向なんだなと思います。
食べ過ぎたら、本当にヤバイです。

ハンバーガーが入っている箱にびっくり!

私が初めてハンバーガーを食べた時には、ハンバーガーが入っている箱に驚きました。
欧米人は食べる量が多いというけど、セットなんて頼んだらダメですよ!
ポテトと野菜、ハンバーガーこのセットだけで、両手で持たなければいけないくらいの箱に入っています。
DI_IMG_5783-thumb-815xauto-17876
ハンバーガーなんて、片手では持つことができません。
今日もランチにハンバーガー屋さんへ行ってきました。

週に1度は、お昼ごはんにハンバーガーを食べるのが習慣です。
だって、おいしいんですもん!

でも、セットは頼みません。
ポテトなんて食べていたら、ハンバーガーが食べられなくなっちゃいます。

おいしいのに、太っちゃう。
これは、アメリカ在中日本人の永遠の悩みですね・・・。

アメリカ人はなぜそんなに食べるの!?

日本人と違って、どうしてアメリカ人はそんなに食べるのでしょうか・・・。
なぜか理由を考えてみました。

アメリカ人は、かなり働き者。
女性でもフルタイムで働いている人はたくさんいます。
だから、しっかり食べないといっぱい動けないんです。

いっぱい食べていっぱい働いても、やっぱり肥満傾向はなくせないアメリカ人・・・。
この原理はわかりませんが、アメリカ人の体型は、私は好きですよ。

むしろ、モデルみたいな体型の子っていっぱいいるので、「あの子でもあんなに食べるんだ」と思うと結構凹みますね。
だって私は、食べたら食べただけ太っちゃいますから!
私もアメリカ人のようにどれだけ食べても太らない体質になりたい・・・。