ジョニー・デップ

ゴールデングローブ賞主演男優賞

人気俳優のジョニー・デップ。
一躍ジョニー・デップが有名となった映画といえば、「シザーハンズ」でしょう。
1990年に賞を得たシザーハンズは、ゴールデングローブ賞主演男優賞として初のジョニー・デップノミネート作品となりました。
PAK85_hasamiippai1252-thumb-815xauto-16471
他にも有名な作品はたくさんありますよ。
当時一躍、ジョニーの魅力を発揮した映画といえばスリーピー・ホロウ。
かなりえぐいシーンもありますが、ジョニー・デップの醸し出す魅力を一番に取り入れた作品だともいえます。
そして、スイーニートッド。
アリスインワンダーランド、ダークシャドウなどなど。

ちょっとホラーな一面を持つ役を演じ、かなり人気が爆発しました。
そこからチャーリーとチョコレート工場に出演しているジョニー・デップは、また違った一面を醸し出しています。
そして何と言っても、パイレーツオブカリビアン。

幅広い年齢層から支持され、大人から子供まで大好きな存在となりました。
彼こそ、アメリカで一番人気の俳優だともいえるでしょう。

生い立ちや活動について

ジョニー・デップは、男性にも女性にも定評がある俳優ですよね。
セクシーな男性として高い指示を得ています。

幼少期の経験から、魅力を醸し出しているのでしょう。
ジョニー・デップは16歳で高校を卒業して、卒業と同時にロックスターを目指してロスに渡ったという生い立ちがあります。

生まれは1963年6月9日。
ケンタッキー州のオワンスボロで生まれ、兄弟は一人、姉妹は二人います。
アイルランドの家系であり、デップ家はフランスのユグノーに起源を持っており、1700年代にバージニア州に移り住んだと言われています。

1970年にフロリダ州ミラマ市に移り住み、1978年両親が離婚で、ストレスと家庭問題から自傷行為という精神疾患を患っています。
8か所程度傷を持っており、1993年、あるインタビューでは「自分の体は日記のようなもの」と語っています。

ジョニー・デップの魅力

ジョニー・デップは、ファンに対しての態度がとても丁寧だということで有名です。
日本にも幾度も来日しており、ジョニー・デップはファンを見ると、全員にサインしなければ気がすまないそうです。
PAK58_mihirakitecyoutopen-thumb-815xauto-15649
プライベートではファンに親切な彼も、若い時に結婚し、順風満帆な生活を過ごしていた模様。
二十歳の時に結婚し、当時ニコラスケイジと知り合いになって俳優への転身を勧められ、1984年にホラー映画に初出演しています。

正直、パイレーツのようなファンキーな役から、チャーリーとチョコレート工場のような個性的な役。
なおかつグルバートグレイプのようなかっこいい役も演じることができるジョニー・デップはすごいと思います。

カッコいいけど素朴。
なおかつ暖かい笑顔に、人を惹きつけるような顔立ち。
かっこいい、セクシーの極み、そういう声を上げる方もいます。

ジョニー・デップは、このように語っていたことがあります。
「社会からつまはじきにされて、忘れられてしまったり、普通の人からは嫌われ、変わり者とののしられるような男の役を演じるのは僕の仕事だ」と。

まさに、レディー・ガガと似ているなと感じる部分があるのですが。
個性的、この一言で彼を現すことができるでしょう。

嫌われ者の役を演じて、印象良くいることはできませんよ。
役柄って、プライベートでもその印象が残ってしまいますからね。

でも、ジョニー・デップの魅力は、その印象を正反対のものへと変えてしまうところです。
100%良い人、100%悪い人、100%変人も演じることができる、これが彼の最大の魅力です。