ウィル・スミス

ドル箱俳優と呼ばれる多彩な魅力を持つウィル・スミス

映画プロデューサーでもあり、ラッパーでもあり、ハリウッドスターとしても不動の地位を確立しているウィル・スミスは、アメリカのドル箱俳優と呼ばれ、その魅力は世界に知れ渡っています。
ドル箱俳優と呼ばれた所以は、2008年もっとも稼いだ俳優番付の第1位になったことです。
彼の作品といえば日本でも大ヒットとなった「メン・イン・ブラック2」から「ハンコック」において8作連続で全米初登場1位を記録しています。
興行収入は1億ドルを超えるという彼がドル箱と呼ばれるのも納得の成績なのです。

彼は1992年シェリー・スミスと結婚、後に離婚、1997年にジェイダ・ビンケット=スミスと再婚しています。
トレイ、ジェイデンという男の子、ウィロウという女の子がいますが、ジェイデンとは2006年の「幸せのちから」で、2007年にはウィロウと「アイ・アム・レジェンド」で親子共演しています。

歌手としてのウィル・スミス

ウィル・スミスは歌手としても活躍しており、1987年、アルバム「Rock The House」でデビューし、シングルのParents Just Don’t Understandは大ヒットとなり、グラミーの最優秀パフォーマンス賞を獲得しています。
その後、1997年にメン・イン・ブラックの主題歌「Men in Black」でDJジャジー・ジェフ&ザ・フレッシュ・プリンスを再結成、この作品のサウンド・トラックは全米第1位を記録、ここでもヒットを飛ばしています。

その後、1998年、1999年にグラミーを受賞、アルバムを出せば売れる、ヒットするという彼の能力の高さ、音楽の実力を裏付けるものとなっています。
俳優としてもドル箱と呼ばれ、歌手としても最高の栄誉ある賞をもらい、大ヒットを連発するなんて、本当にウィル・スミスこそ、エンターテイナーと呼ぶにふさわしい人物です。

才能は若き頃から

彼の才能は若い頃から発揮されています。
特に歌手解いての活動は顕著です。
1968年、ペンシルベニア州フィラデルフィアに、4人兄弟の次男として誕生します。
12歳の頃にはパーティーなどでラップを披露し、その類まれなる才能は大人たちを驚かせたといいます。

友人と共に結成した「DJ・ジャジー・ジェフ&ザ・フレッシュ・プリンス」はヒップホップグループとしての高い魅力を持っており、すぐに注目されます。
このグループはレコード会社に目を付けられ、レコードデビューを果たすのです。

この時の事を、実にウィル・スミスらしいジョークで伝えているのですが、「自分はマサチューセッツ工科大、MITへの入学資格を得ていた、でもレコードデビューが決まっていたからそっちを選んだ」というのです。
実際に、ウィル・スミスがMITに応募したという事実はないといわれていますので、これは彼らしいジョークでしょう。
俳優、歌手としても、また人間性にも大きな魅力を持つウィル・スミス、彼は映画プロデューサーとしての能力も高く評価されているので、この先、この分野でも魅力ある作品作りに貢献してくれるでしょう。