アメリカのマナー

日本のマナーとの違い

同じ人間でも、住む所や文化が違うと、かなりマナーも違いますよ。
常識の違いも、長年の歴史によって違いが生まれるものです。

日本とは反対側に位置しているアメリカは、マナーやルールが大きく異なります。
そもそも、道路を見ていたらわかりますよね。
車が走る車線も違えば、入れ墨に対する考え方も違います。
27NJ_shibuyashingoumachinokousaten-thumb-815xauto-14027
訪れた国のマナーは最低限理解し、実践すべきです。
日本の文化をアメリカに持ち込んで、「これが常識だ!」と言っても通用しませんよ。

アメリカの食事のマナー

たとえば、レストランへ行ったときに、注文するものが決まって店員さんを呼びたいとしましょう。
すると、机に呼び鈴がありませんでした。
あなたはどうしますか?

日本人なら手をあげて「すみません」と話しかけますよね。
これは、日本だけのマナーです。

アメリカでは、アイコンタクトが主流ですから、「すみません」なんて声をかけるとドン引きされます!
ずっと気付いてもらえなかったら嫌だから、日本人は声をかけるのです。
その声をかけるというマナーが一般的になってしまい、日本人の接客スタッフは声がかけられるまで気づきません。

アメリカでは、アイコンタクトを必ずスタッフがチェックしているので、声をかけるなんて失礼なことをしないようにしましょう。
また、絶対に気付いてもらえるので、安心して下さい。

他にも、食事中には使わないほうの手を膝の上におく、お茶碗を持ちあげないなどのマナーがあります。
日本では行儀が悪いことでも、アメリカでは一般的なんですよ。

アメリカは自由の国?

アメリカは自由の国と言いますよね。
日本のメディアではアメリカは肥満率が高いだの、欧米食はメタボになるだのと言っていますが、欲望に素直な国だと思われがちです。

ですが、アメリカはかなり飲酒と喫煙率は低いんですよ。
日本では喫煙者が非難されますよね。
でも、どのお店へ行っても喫煙席が設けられている、まだゆるい国です。

アメリカでは、タバコを吸ってはいけないというのがマナーです。
タバコを吸う人は、精神的に弱い人というレッテルを貼られることもあります。
酔っぱらうことは恥ずかしいことという認識もあるのです。
LOK_kuchitatabakonokanban-thumb-815xauto-13788
アメリカは車社会ですから、日本のような通勤ラッシュというものはあまりありません。
特に平日は日本の電車はかなりいっぱいです。
軽くぶつかっても目をつぶる、これは暗黙の了解ですよね。

ですが、アメリカでは「sorry」と言わないなんてことに対して、非常識だと思う人が多く喧嘩になっちゃいます。
アメリカでは、目が合ったら挨拶をするのが一般的です。

アメリカと日本とのマナー、全く違いましたよね。
アメリカに住むと慣れていきますが、日本にいると想像もしないようなマナーで驚く人が多いんですよ。